ホーム

“Hack For Japan とは” 

東日本大震災後、たくさんの企業や個人によって救助や情報収集のためになるアプリケーションやサイト、サービスが作られてきました。Google 災害情報ページ(Crisis Response page  や sinsai.info Yahoo! JAPAN - 地震・津波災害に関する情報などです。また、そうしたサービスの開発には携わってはいないものの、何か役に立ちたいーそんなデベロッパーの皆さんの声も頂いてきました。そこで、デベロッパーが結集して、デベロッパー以外の方からもアイディアや要望を頂きつつ、様々な取り組みについて情報交換しながら、より役に立つ災害情報サイト/サービスを提供するための場を提供したいと思います。

既に色々な方や企業/団体が様々なサービスを提供していますが、その中には重複した作業や、お互いに協力できるものも数多くあります。私たちはこの活動を通じて情報共有などを行うことで、不必要な重複の回避や開発の効率化、さらには1人では考えつきもしなかったものが開発出来るのではないかと考えています。 

Hack For Japan では、一日のハッカソンで終わることなく、継続的に良い物を作るべくハックし続けていきたいと考えています。まずは、スターティングポイントとして、3 月 19-21 日に、アイディアソン/ハッカソンを開催しました。
  • オンラインをメインに
現在の状況では、東京や東北で通常のハッカソンのように実際に物理的にどこかに集まるのは難しかったため、原則オンラインで開催とし、いくつかの会場でオフラインイベントを開催しました。オンラインでの開催は継続的に続けていきたいと考えております。
  • 利用できる技術
サービスをホスティングするためのクラウドサービスから、ウェブサービス、各種オープン API、Android や iPhone、Windows や Mac などのクライアントまで、オープンで誰でも使えるものであれば使う予定です。Google Japan、楽天、 ヤフー株式会社、 Microsoft Japan、 Twitter、Amazon Web Services、Salesforce Japan、 OpenStreetmaps、株式会社はてな、株式会社ミクシィ、Evernote Corporation、さくらインターネット、Cloudant、頓智ドット、ニフティ からの賛同を得ており、彼らのテクノロジーを使った場合にエンジニアのサポートを受けられる可能性があります。詳しくは、「賛同者一覧」、「利用できる技術」をご覧ください。
  • 利用できるデータ
データ提供社の皆さんからの、データの提供を募集します。また、デベロッパーの皆さんからこういうデータが使えればこんなことが実現できるのに。。。というアイディアがあった場合はその要望を公表し、実現できるかコンタクトを行う可能性があります。詳しくは、「利用できるデータ」をご覧ください。
  • 開発環境
賛同者のご協力により、開発に必要な環境を利用することができます。詳しくは、「開発環境」をご覧ください。


ご登録

こちらのフォームから賛同表明をお願いします。エンジニアもエンジニアではない方も参加ができます。

開発プロジェクトおよび成果物のリスティング

プロジェクトをどのように進めるかとどこにアップするか(Code.google.comやSourceForge 等)は、それぞれのプロジェクトに委ねられます。どのようなプロジェクトが進行中で成果物はどこから入手出来るか、どこにアクセスすれば使えるかは Hack For Japan のサイトに掲載する予定です。

3 月 21 日に開催されたハッカソンのプロジェクトは、「Hackathon Teams 」をご覧ください。

Hack For Japan に関する情報

公式ウェブサイト(本サイト): http://sites.google.com/site/hackforjapan/
Twitter のハッシュタグ: #hack4jp



3月19日-21日 アイディアソンとハッカソンを開催しました

日時: 2011 年 3 月19-20 日(ideathon)、 3 月 21 日(hackathon) 
京都会場  21 日 9:00 - 17:00、岡山会場  21 日 10:00 - 17:00、福岡会場  21 日 10:00 - 17:00、徳島会場   21 日 10:00 - 17:00

場所

オンライン(Google Wave + Google Moderator) 
京都会場  京都リサーチパーク 4 号館 2F ルーム 2 (アクセス) 、岡山会場 岡山りぶらホールB (アクセス) 、福岡会場 AiP カフェ (アクセス)、徳島会場 月見ヶ丘海浜公園 研修室(アクセス


ディスカッションの様子:
 
2011年3月19日から21日にGoogle Wave上で行われたオンラインハッカソンの記録です
開発プロジェクト: Hackathon Teams 


Google Moderator

追加したガジェットは無効です

【4/1 更新】 Google Moderator用にフィードを用意しました。
http://feeds.feedb­urner.com/hack4jp 日付順
http://feeds.feedburner.com­/hack4jp_by_rank 人気度順
http://feeds.feedburner.co­m/hack4jp_by_whatshot 急上昇順

また、http://twitter.com/hack­4jp では新規に提案があったものや投票が短期間に多くされているもの­をツィートしています。
Ċ
Seigo Ishino,
2012/02/04 19:58
Ċ
Seigo Ishino,
2012/02/04 19:58
Ċ
Seigo Ishino,
2012/02/04 19:58
Comments